3歳の誕生日プレゼントはD-BIKEに。比較したのはストライダー

D-BIKE
息子の3歳の誕生日プレゼントにD-BIKEというランニングバイクを買ってあげました。

最近のランニングバイク人気で、色々な種類のランニングバイクが発売されています。

そんな中で、D-BIKEという商品を買った理由を、有名どころのストライダーと比較して紹介します。

ストライダーと比較

スポンサーリンク


では早速、ストライダーと比較して感じた、メリット、デメリットを紹介します。

D-BIKEのメリット

まずはD-BIKEのメリットからです。

  • ブレーキがついている
  • スタンドがついている
  • カッコイイ

すいません。最後の「カッコイイ」は、かなり個人的な意見です^^;

ブレーキがついている

ランニングバイク選びで重要なポイントです。

意外だったのですが、ストライダーにはブレーキがついて無いんですよね。

別に部品をケチっている訳では無く、2~3歳の握力だと、ちゃんとブレーキを操作できないというのが理由のようです。

ストライダーの公式HPには以下のように書かれています。

幼児にはブレーキを握って止まるほどの握力が備わっておりません。そのためブレーキをつけても本来の意味を成さないのが実情です。危険を察知した時、幼児は反射的に足で止まろうとします。本能的動作でしっかり止まれるよう、ストライダーは3.0kgの超軽量設計となっております。

止まりたい時は、両足で踏ん張って止まるスタイルですね。

いっぽう、D-BIKEの方は「LBS」という、小さな子供でも扱える専用設計のブレーキがついています。

「ブレーキが無い=足で止まるしかない」というのに慣れてしまうと、いざ、本物の自転車に乗った時も、絶対に足で止まってしまいます。

ブレーキのように安全面に直結する部分は、今のうちにちゃんと学ばせておきたいという理由から、重要ポイントとしました。

スタンドがついている

ストライダーには、自転車を立てて停めるためのスタンドがありません。

なので、公園などに行くと、ストライダーが無造作に横倒しに置いている光景を見ます。

どうも、横着しているように見えて好きになれません^^;
もちろんキズもつきますしね。

 

その点、D-BIKEには、片足のスタンドがついています。

足でカタンと下ろしてしまえば、ちゃんと自転車が立ちます。
まぁ、片足なので、ちょっと不安定ですが。

3歳の息子には難しいんじゃないか?

と思ってましたが、初日から、ちゃんとスタンドの操作を身につけてくれました。

日頃から、ママが自転車を乗るところを見てるから、スタンド操作に違和感や面倒臭さは感じないようですね。

ガチャーンと放置するストライダーより、カチンとスタンドを立てて停めるD-BIKEの方が、大切にしている感じが好きです。

カッコイイ

これはもう完全に個人の趣味というか、好みの問題ですね。
べつにストライダーがダサいと思ったワケじゃありません。

でもね。。

D-BIKEには、赤と黒を基調とした「カーズ仕様」のモノがあり、これがカッコイイんです!

息子がカーズ好きなので、かなりポイントが高いです。

一緒に買った、赤いヘルメットと、黒いプロテクターを装着すれば、超カッコイイ!!

D-BIKEのデメリット

つぎはD-BIKEのデメリットです。

  • 重い

う。。色々考えたけど、一つしか思いあたりませんでした。

重い

これはもう、装備が豪華だから仕方ないかもしれません。

ストライダーの重量が約2.9キロ。D-BIKEの重量は約4.2キロです。
子供が扱うことを考えれば、1.3キロの差は結構大きい気がしますね。

重量は、ブレーキの有無に次に重視したポイントでした。
コケた時に自分で起こせなければ話にならないですし、重さが怪我の原因になることも考えられます。

果たして、息子は4.2キロのD-BIKEを操れるのか?

そこで、近所の赤ちゃん本舗に、D-BIKEが置いているという情報を聞きつけたので、息子に試乗させてみました。

  • またがって歩いてみる
  • 倒した状態から自分で起こしてみる

といったことを試しましたが、ぜんぜん大丈夫そうでした。

うちの息子は3歳なので大丈夫でしたが、2歳になったばかりの小さな子供だと、ちょっと重いかもしれませんね。

スポンサーリンク

最後に

息子はD-BIKEが気に入ってくれたようで、「自転車で遊びに行きたい」とよく言ってます。

三輪車の時は、あまり乗り気じゃ無かったので、かなり嬉しいです^^

パパ・ママの真似がしたい子供にとって、自転車に乗れている気になれるD-BIKEは、きっと充実感があるんでしょうね。
あ。もちろん、これはD-BIKEに限らず、ランニングバイク全般に言えることでしょう。

息子は、ようやく、少しの間だけ両足を上げてスーっと進めるようになったばかりなので、まだまだ始まったばかり。

でも、一人前の顔をして、懸命に練習している息子が頼もしく見えます^^

 

ちなみに、、D-BIKEで少し遠くまで遊びに行ってしまうと、

「疲れたから、とーちゃんが後ろから押して~~」

ってなります。

(息子の背中を)後ろから押すためには、けっこう前屈みになる必要があり、かなり腰に負担がかかります。

なので、できるだけ遠出は避け、近所をグルグル回るようにしています(笑


スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ