電子レンジでゆで卵は危険!?安全な作り方はコレ!

ゆで卵

ゆで卵を作るのって、コンロで湯を沸かして、
時間を計ってから取り出して、殻をむいて・・・。

結構、面倒ですよね。

コンロを1つ占有しちゃうのも困りものです。

 

料理の時短アイテムといえば、電子レンジがありますが、
これを何とか使えないものか?

でも、お皿に生卵を載せて、チンすればいいんじゃないの?
と安易に考えてはダメです。 

この方法、以下のような危険性があるので絶対にやってはいけません!!

  1. 電子レンジの中で卵が爆発する。(電子レンジが壊れる事も)
  2. 殻をむいている最中に卵が爆発する。(危険)
  3. 食べる時に卵が爆発する。(超危険)

じゃ、電子レンジでゆで卵を作るのは無理なの?

いえいえ。
そんな事はありません。

正しい知識があれば、ゆで卵を『簡単に』電子レンジで作れます。

 

今回は電子レンジを使った調理方法として、

  • 家にあるモノだけで調理する方法
  • 便利グッズを使って調理する方法

の2つを紹介します!

家にあるモノだけで調理する

※ 2016/5/17に写真付きで書きなおしました。

まず、次の物を用意してください。

  • アルミホイル
  • ラップ
  • マグカップ (卵がすっぽり入る大きさ)
  • 水 (水道水でOKです)
  • 生卵

用意するもの

※すいません。ラップの写真を撮り忘れています^^;

用意ができたら、早速調理を開始しましょう!

手順は以下のとおりです。

  1. アルミホイルで卵を包む
  2. マグカップに入れてラップする
  3. 電子レンジで加熱する
  4. 余熱で温める
  5. 水道水で冷やす
  6. 完成
スポンサード リンク

1.アルミホイルで卵を包む

まず、生卵をアルミホイルで隙間なく包みます。

隙間なくというのが重要です。

隙間があると爆発の原因になるので、よく確認しましょう。

※爆発の原因は後で書いてあるので、興味があれば見てください。

アルミホイルで包む

2.マグカップに入れる

つぎに、先ほどのアルミホイルで包んだ卵をマグカップに入れます。

そのあと、卵が完全に隠れるまでお水を入れて、ラップをふんわりとかけます。

この時、完全に密閉せず、少し隙間をあけておきましょう。

※ 水の量が少ないと火災の原因になるのでご注意ください。

マグカップに入れる

3.電子レンジで加熱

マグカップを電子レンジに入れて500wで9分 加熱します。

4.余熱で温める

レンジの加熱が終わったら、余熱で温めるために、そのまま5分放置します。

5.水道水で冷ます

マグカップのラップを外してお湯を捨て、代わりに水道水を入れて冷やします。

この時、マグカップが恐ろしく熱くなっているので、火傷には十分注意しましょう! 

6.完成!!

マグカップからアルミホイルに包まれた卵を取り出し、最後にアルミホイルを剥がせば完成です!!

この時も、アルミホイルが熱い場合もあるので火傷に注意です。

また、アルミホイルを剥がしている最中に、中から熱湯が出てくる事もあります。水道水で冷やしながら剥がすのが良いかもしれません。

ゆで卵の完成

この方法、アルミホイルで包む手間があるけど、かなり簡単ですね。

光熱費もコンロに比べると割安だし、電子レンジで加熱中は他の事をできるのが嬉しいですね。

今回はマグカップを使いましたが、大きめの耐熱容器を使えば2〜3個同時に作れます。

卵のサイズや個数でベストな加熱時間が変わるので、色々と試してみてください。

加熱時間と放置時間を調整すれば、半熟卵も可能ですよ。

便利グッズを使う方法

楽天amazonを探すと、
電子レンジでゆで卵を作れる便利グッズがたくさんあります。

デザインの可愛いものや、一度にたくさん作れるもの等、用途にあった物を選べるのがGoodです。

ただし、便利だと思って衝動買いすると、意外と困るのが収納場所。

サイズをきっちり確認してから購入しましょう!

 

どれが良いか悩んだ時は、購入者のレビュー記事がとても参考になります。 

酷いものだと、『電子レンジの中で爆発した!!』

とか、安全性に問題がある商品も見かけたので、気をつけましょう!

 

どの商品も使い方は似ていて、容器の中に生卵をセットし、お水を入れ、容器をしっかり閉める。

あとは、取扱説明書に書いている設定に従って、電子レンジで加熱するだけです。

 

超簡単ですね!

半熟にしたい場合も、加熱時間の調整だけでOKです。

容器をキチンと閉めないと爆発する危険性がありますので、取扱説明書を必ずよく読みましょう!

卵が爆発する仕組み

そもそも、なぜ電子レンジでゆで卵を作ると、卵が爆発してしまうんでしょう?

理由は、電子レンジが食品を加熱する方法にあります。

電子レンジは、対象物(食品)にマイクロ波を当てて、水分子を活性化する事で加熱します。

 

卵は外側から、殻→白身→黄身という3層になっていますが、マイクロ波がそれぞれを加熱していきます。

この時、加熱された白身や黄身の水分が水蒸気になります。
水蒸気は水より体積が大きいので膨張します。

しかし、卵の硬い殻が邪魔をして、力の逃げ場がありません。

こうなると卵の殻の中は、凄く圧力が掛かった状態になります。

 

それでも加熱を続けると、限界を超えた時に、卵の中身が殻を破って爆発します。

 

もし、運良く爆発しなくても、まだ安心できません。

殻を破るほどの圧力が掛かっていなくても、食べるためにコンコンと殻にヒビを入れたその時!!
ヒビを入れた場所から、卵の中の圧力が一気に吹き出し、爆発する可能性があります。

 

さらに、うまく殻を剥けたとしても、白身をガブっとかぶりついた瞬間に、爆発する事もあります。

これは、黄身の膨張を白身が止めていたからです。

卵の殻の内側にかかる圧力の大きさによって、

  • 電子レンジの中で爆発
  • 殻を剥く時に爆発
  • 食べる時に爆発
  • 運良く爆発しない

のどれかになる訳ですね。

 

では、なぜアルミホイルで包んだり、便利グッズを使うと爆発しないのでしょう?

爆発させない工夫

まずはアルミホイルから。

『アルミホイルはマイクロ波を通さない』という性質を使います。

ん?

マイクロ波を通さないなら、包まれた卵にもマイクロ波が通らないのでは?

じゃ、どうやって温めるんだよっ!?

 

じつは、卵を直接温めるのではなく、マイクロ波で水を沸騰させて、その熱で卵を加熱しているんです。

コンロで普通にゆで卵を作るのと同じ原理ですね。

 

便利グッズも仕組みは同じです。

卵を収納する容器自体はマイクロ波を通さない材質にして、中の水にだけにマイクロ波が当たるようにしてます。

卵は容器によってマイクロ波から守られ、沸騰した水で加熱する訳ですね。

スポンサード リンク

最後に

たかが、ゆで卵。されど、ゆで卵。

ゆで卵一つがあるだけで、食事のバリエーションが増えますね。

 

朝食の一品に、サラダの盛り合わせに、板東英二への贈り物に。

面倒なことは電子レンジに任せたいですね。

ただし、くれぐれも事前準備と確認は、慎重に行ってくださいね。

ゆで卵関連のオススメ記事

→ ゆで卵の殻を簡単にツルっと剥く方法。もう剥けないとは言わせない!


スポンサード リンク

One Response to “電子レンジでゆで卵は危険!?安全な作り方はコレ!”

  1. らん より:

    レンジでカップや瓶でお湯を作る
    卵を入れて置いておく
    もう一杯お湯を作る
    卵をそっちに移して再度置いておく
    という感じが安全かと

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ