筋トレと有酸素運動の順番は?脂肪燃焼に驚きの違いが!

ダイエットには有酸素運動が一番!

なんて事をよく耳にします。

有酸素運動といえば、ジョギングや、ウォーキングが王道ですね。

僕も、近所のフィットネスクラブで、好きな音楽を聴きながら、黙々と走ってます。

走るだけでは勿体無いという、貧乏性な僕は、筋トレもしっかりやってます。

スポンサーリンク

さて。

筋トレと、ジョギングなどの有酸素運動は、どちらを先にするのが良いんでしょうか?

どちらでも一緒と思っていませんか?

実は、この順番次第で、脂肪燃焼に凄い違いがでます。

同じやるなら効率良くしないと損ですね^^

では早速、一緒に見ていきましょう!

脂肪燃焼によい順番は?

ランニング

最初に答えを教えましょう。

  1. 筋トレをする
  2. 有酸素運動をする

この順番が正解です。

「ありがとうー。早速、やってくる!」

なんて、気の早いあなた。

ちょっと待った!!

理由と、効率の良い方法も知っておきませんか?

筋トレ後に有酸素運動が良い理由

こんな言葉を聞いた事がありませんか?

有酸素運動は、20分以上続けなければ意味が無い

そうなんです。

脂肪は、脂肪酸グリセロールという物質に分解されて、初めて燃焼します。

そして、その分解が始まるのが、有酸素運動を初めてから、約15分〜25分ぐらいからです。

これは、ジョギングでも、ウォーキングでも同じです。

有酸素運動を30分おこなう場合、脂肪が燃焼される時間は、約5分〜15分という訳です。

うーん。。。なんだか、ガッカリですね。

筋トレの役割

筋トレは、無酸素運動と呼び、いくらやっても脂肪を燃焼しません。 

「なんだ、ダイエットには意味が無いのか・・」

と思うかもしれません。

が、しかし。

この筋トレにこそ、
脂肪の分解を早める秘訣があるのです。

筋トレをすると、成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンには、脂肪を分解する働きがあります。

筋トレをしても、脂肪は燃焼されないが、分解される 。

このことを、しっかり覚えておいてください。

脂肪は分解されて、初めて燃焼されますからね。

有酸素運動をしてから、筋トレをしても、脂肪は燃焼されませんよ! 

その効果は?

有酸素運動をしてから、脂肪が燃焼されるまで、15分〜25分かかるという話をしました。

では、筋トレを先にする事でこの時間が、どれぐらい短縮できるのでしょう?

なんと!

筋トレをしてから、有酸素運動をすると、5分〜10分で脂肪の燃焼が始まります。

30分の有酸素運動なら、2/3以上の時間で、脂肪が燃焼されることになりますね。

継続すると凄い!

短期的に見ても、凄い効果がありますが、継続すると、もっと凄い事になります。 

どれぐらい凄いかというと。

例えば、3日に1度、30分のジョギングをすると、1年間で約1キロの脂肪が燃焼されます。

事前に筋トレをしていた場合は、なんと、約3.5キロの脂肪が燃焼されます。

実に3.5倍の効果です!

その理由は、最後に書くので、もうしばらくお付き合いください m(__)m

スポンサーリンク

筋トレの時間と方法

事前の筋トレは、どれぐらいすればいいのでしょう?

筋肉量など、個人差はありますが、だいたい10分ぐらいですね。

回数よりも、負荷を重視するのがポイントです。

フィットネスクラブなら、器具の負荷を上げれば良いので簡単ですね。

十分な負荷があれば、10回程度でもOKです。

自宅や外の場合は、器具を使わなくても、腕立て伏せ、腹筋、スクワットでOKです。

この場合も、回数では無く、負荷を重視します。

スピードをゆっくりとするのがポイントです。 

試しに、

これでもかっ!!

ってぐらい、ゆっくりとスクワットをやってみてください。

凄い負荷を感じると思います。

最後に

ジョギング

事前に筋トレをする事で、1年間で3.5倍もの違いがでると話しました。

これは、筋トレにより筋肉量が増える事で、基礎代謝がアップする事が大きく貢献しています。 

基礎代謝がアップするという事は、普通に生活しているだけで、より多くのカロリーを消費するという事です。

車で例えるなら、軽自動車から、排気量の大きな車に、乗り換える感じです。

同じ距離を走るにも、軽自動車に比べて、驚くほどガソリンを使いますよね。

人体の場合は、ガソリン=脂肪ですから。

どんどん消費して貰いましょう♪

目指せ!!燃費の悪いカラダ!


スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ