京都観光に保津川下り!料金は?予約はできる?

京都観光で寺社めぐりもいいですが、日程に余裕を作り、是非、保津川下りも体験してください。

亀岡から嵐山までの約16キロを、2時間かけての船旅は、きっと、あなたを満足させてくれますよ^^

保津川下りを楽しめる時期は?

スポンサーリンク

川を船で下る観光だけに、冬場は運休していると思ってませんか?

実は年中やってるんです!

とはいえ、冬場(12月上旬〜3月9日)は、さすがに寒いので、小さな石油ストープをつけ、ビニールで屋根を覆った お座敷暖房船に仕様が変わります^^ 

保津川下り

引用元 http://www.hozugawakudari.jp/category/sendo-blog

しんしんと、雪が降る中の川下りというのも、 風情があっていいですね!

保津川下り楽しみかた!

保津川下りの楽しみ方を1つずつ順番に紹介しますね!

準備編

まずは前準備です。

保津川下りを楽しむ為に、しっかり準備をしておきましょう。

カメラを持参する

保津川下りは、いつでも自由に写真を撮ってOKなんです。

船頭さんが忙しくない時は、気さくに撮ってくれたりしますよ。

是非、カメラを持参しましょう!

くれぐれも水没させないように。。。

おやつ

保津川下りは、おやつや飲み物を自由に持ち込んでOKです。

急流ばかりでなく、穏やかな場所もあるので、 景観を楽しみながら、ホッと一息つきましょう。

トイレを済ませておく!

これ、超重要です。

出発すると約2時間、途中休憩無しの船旅になります。

せっかくの楽しい時間を台無しにしないよう、

これでもか!ってぐらい、出しておきましょうね。

正露丸など

トイレを済ませいても、急にお腹が痛くなることも。。

念には念を入れて、正露丸なども持参しておきましょう。

お連れの方や、他の乗客が困った時にも大活躍ですよ!

スポンサーリンク

出発したら

さー、いよいよ出発!

ワクワク、ドキドキの船旅スタートです。

船頭さんの話に耳を傾ける

2名〜4名ぐらいの船頭さんが乗船し、サービス精神たっぷりに、見所の紹介や、楽しい話を聞かせてくれます。

僕が乗った時は、年配の方と、40代ぐらいの船頭さんでした。

40代ぐらいの船頭さんは、見た目が怖くて、いかにも職人さん って感じでしたが、話を始めると、これが面白い!

裏話なども聞かせてくれてとても楽しめました。

トロッコ列車

保津川渓谷に沿って、トロッコ列車が走っています。

何度か並走する機会があるので、手を振りあいましょう。

こういう場所での一体感って、何だか嬉しいですよ^^

急流

なんといっても、急流を下るスリルが堪りません!

この動画を見て頂ければ、その凄さが分かると思います。

TVなんかでも、見たことがあるかもしれませんが、 実際に体験すると、その豪快さとスリルに感激します。

岩をギリギリでかわす、船頭さんの熟練した舵さばきは必見です!

この時ばかりは、カメラを落とさないように カバンにしまっておきましょう(笑

野生の動物に出会える事も

僕が乗った時、子連れのお猿さんに出会いました。

僕達を迎えてくれるかのように、穏やかな顔で、 毛づくろいをしていたのが印象的でした^^

終盤にもお楽しみが!

保津川の急流を終え、いよいよ終点間近

あとは緩やかな流れにのって、終わるだけと思わせて、 エンジン付きの小舟が近寄って来るじゃないですか!?

ギャー!!山賊!!

僕は、すっかり諦めて、財布を差し出す準備をしてました。

が!

近づいてくると、団子や、げそ焼きって書いている・・?

なんと最後に、お船のお店がやってくるんですね。

団子以外にも、スナック菓子や、ビールも売ってます。

しかし、もうちょっと早くに出会いたかった。。。

いや、それだとトイレに行きたくなるからダメなのか。

同じ団子も、船の上で食べると格別に美味しく感じますよ^^

料金は?

保津川下りの料金は以下のとおりになります。

区分 料金
大人 3,900円
小人 2,500円

少し高く感じるかもしれませんが、一度体験して貰えれば、 乗って良かった!と満足するはずですよ。

予約はできるの?

オフシーズン(12月〜3/9)は、個人でも予約可能ですが、 シーズン中(3/10〜11月末)は、10名以上じゃないと予約できません。

9名以下の場合は、現地の窓口で直接受付する必要があります。

予約・お問い合わせ:0771-22-5846

アクセス方法は?

保津川下り アクセス

直接向かう

JR京都駅から、直接向かう場合は、嵯峨野線に乗って、 亀岡で下車し、徒歩8分で船乗り場に着きます。

トロッコ列車も楽しむ

時間に余裕があるなら、トロッコ列車に乗って行くのを オススメします!

JR京都駅から、嵯峨野線に乗って、嵯峨嵐山で下車します。

トロッコ嵯峨駅が隣接しているので、ここから トロッコ列車に乗り、終点のトロッコ亀岡で下車します。

ここから船乗り場へのバスが出ているので、 これに乗るのが楽ですね。

ここでは、なんと、馬車という選択もできます。

馬車

1,000円(小人500円)で、約30分かけて、ゆっくりと 旅するのもいいもんですよ。

子連れの家族に特にオススメです^^

まとめ

保津川下りの魅力が伝わったでしょうか?^^

少しお金が掛かりますが、以下のようなコースもありですね。

トロッコ列車 – 馬車 – 保津川下り – 嵐山観光

遊園地でもないのに、一日でこんなに色々な乗り物に 乗れるのは珍しいんじゃないでしょうか?

尚、トロッコ列車、馬車は、1月〜2月が冬季運休期間なので、 冬場に行くときはご注意を!


スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ